稲門会

早稲田大学HP
早稲田大学校友HP
早稲田大学校友会 東京23区支部ホーム

稲門会 都内

中央稲門会
千代田稲門会
江戸川稲門会
目黒稲門会
渋谷稲門会
中野稲門会
杉並稲門会
三鷹稲門会
練馬稲門会
板橋稲門会
新宿稲門会
世田谷稲門会
大田稲門会

豊島区関連

豊島区
豊島区を紹介するフリーペーパーを作るプロジェクト「池ブルックリン」
日本ユネスコ協会連盟「未来遺産」

活動紹介

納涼会(2019/8/2)

1_DSC0001 2_DSC0019 4_DSC0025 5_DSC0027 6_DSC0032 7_DSC0033 8_DSC0038 9_DSC0047 10_DSC0049 11_DSC0062 12_DSC0092 13_DSC0106 14_DSC0140 15_DSC0168 16_DSC0177 18_DSC0179 19_DSC0182 20_DSC0184 22_DSC0223
24_DSC0262 25_DSC0266 26_DSC0267 27_DSC0268 28_DSC0270 29_DSC0274 30_DSC027733_DSC0300 34_DSC0304 35_DSC0318

 

 

 


32_DSC0297


23区支部大会

_DSC5969 _DSC5970 _DSC5972 _DSC5977 _DSC5993 _DSC5998 _DSC6060 _DSC6120 _DSC6121 _DSC6124 _DSC6129 _DSC6148 _DSC6166 _DSC6167


豊島稲門会 平成31年 新春懇親会

                                 福山啓子

2月1日、学習院の森を見下ろす「リュド・ヴィンテージ目白」で、新春懇親会が開かれました。片隅にセミグランドピアノが置かれた華やかな会場に五二名もの方々が集まり、賑やかで楽しい会になりました。

この日のアトラクションは「悠久への誘い~珠玉の名曲で綴る魅惑のひと時」と題した本格的なクラシック歌曲。出演者は、ソプラノ歌手で早稲田大学第一文学部出身の京島麗香さん、メゾソプラノの歌手で稲門会会員の娘さんである有田真恵さん、豊島区にお住いのピアニスト金沢亜希子さん。みなさん海外も含めて多方面で活躍中の、早稲田大学や豊島区にゆかりのある美女ばかり。なつかしい日本歌曲のメドレーの後は一転してオペラの名曲「魔笛」「フィガロの結婚」「カルメン」などドラマチックな歌をご披露いただきました。特に有田真恵さんの歌う妖艶な「カルメン」の「ハバネラ」は、会場をひとめぐりしながら歌って下さり、その魅力に男性陣はうっとり…。これを機会にクラシック歌曲やオペラのファンになった方も多かったのではないでしょうか。

私は新春懇親会は今回が初参加。始めは緊張しましたが、みなさん気さくな方ばかりで、先輩方のいろいろなお話が聞けてとても楽しいひと時となりました。お料理もとても美味しかったです。

西池袋二丁目に住み、池三小学校、道和中学、豊島高校と進んで早稲田大学に進み、昭和55年に第一文学部を卒業しました。自己紹介の後、「すぐ近くに住んでいます」とご挨拶下さった方も。改めて地元の会のつながりを感じました。

卒業後は青年劇場という劇団に所属し、大人向けの公演と、青少年向けの学校公演などで、東京と全国で公演活動を行っています。私は役者ではなく、劇作と演出、営業が主な仕事で、不規則なためなかなか稲門会に参加できないのが悩みですが、これからもお付き合いいただければと思います。どうぞよろしくお願い致します。

_DSC5431 _DSC5436 _DSC5444 _DSC5484 _DSC5505 _DSC5514 _DSC5532 _DSC5686 _DSC5701 _DSC5738 _DSC5748 _DSC5790 _DSC5793 _DSC5795 _DSC5809 _DSC5841 _DSC5852


一日中大賑わい、大成功の“似顔絵コーナー” ~~2018「稲門祭」10月21日(日)開催~~

001-_DSC0281 024-_DSC0551 010-_DSC0390 005-_DSC0307 002-_DSC0291

抜けるような青空、秋晴れの好天に恵まれた2018「稲門祭」。昨年は大雨に襲われたので、その鬱憤を晴らすかのようだ。

大隈講堂前は午前10時にはすでに多くの学生、校友、関係者等でごった返していた。正門から大隈候銅像への道筋にも多くのテントが張られ、準備に大わらわの様相を呈している。誰もが張り切ってイキイキとした表情を見せているのが印象的だ。

豊島稲門会では、今年も恒例の漫画研究会とのコラボで“似顔絵コーナー”を開設した。

椅子の配置、案内ポスター、稲門会旗を掲げて、漫研の女子学生5人と共に11時にはスタンバイ。
ホームカミングデー式典が終わった11時半過ぎからここ大隈庭園にも、どっと人の波が押し寄せる。
かなりの年配と思しき数人連れの校友、ご夫婦、ベビーカーを伴った家族連れ等々。
通路側で呼び込み、待合椅子にご案内し、または空いている漫研の画学生の前に座って頂く。
「もう歳だから恥ずかしいわ」「20歳位は若く描きますから、大丈夫(?)」「毎年、楽しみにしているよ」「もう5~6枚は持っているかな」いろいろな声が聞こえる。
「お子さん2人とお母さんの3人でお願いします」「はーい、了解です」
午後3時過ぎまでお客さんは途切れることなく続き、今年はなんと94枚の色紙が捌けた。
今年から幹事に当番制でお願いしたので、多くの幹事が顔を見せてくれたのも大いに効果があったようだ。

庭園内の中央ステージでは音楽演奏あり、タップダンスあり、フラダンスショーありと次々に披露されて、多くの人の輪、そして歓声と拍手が響き渡るなか、2018「稲門祭」の幕が閉じられた。

(文責:古堺 稔人/写真:諏訪 智士)


納涼会 

183246_DSC6168 183749_DSC6177 184912_DSC6189
193529_DSC6292 194852_DSC6349 201024_DSC6414
201134_DSC6418 203522_DSC6441 204012_DSC6466


豊島稲門会    定期総会・懇親会

_DSC0436 _DSC0356 _DSC0333
_DSC0260 _DSC0239 _DSC0546
_DSC0558 _DSC0585 _DSC0596

6月1日(金)18時より、池袋メトロポリタンホテルにて、2018年度定期総会・懇親会を開催した。
来賓として早稲田大学地域担当部長本田博氏、近隣稲門会の会長ほかをお招きした。

石川宜司会長の挨拶に続き、前年度の活動報告、本年度の活動計画案、決算、予算案などを審議し、承認可決された。

懇親会では、早稲田大学フラメンコ集団バマによるダンスが披露され、オーレの掛け声が挙がった。
その後、新入会員の挨拶や、また各委員長からの活動内容と計画が発表された。

料理に舌鼓を打ち、杯を酌み交わし、旧交を温め合った。
最後は、校歌斉唱、エール、記念写真を撮り、大盛況のうちにお開きとなった。

63名の参加者であった。

                                (小泉博明 記)


中野WISH国際学生寮生との交流会

IMG_4484

IMG_4506

IMG_4525

2018年4月23日(月)午後7時から<国際学生寮WISH(中野)>寮生との交流会を開催した。

学生寮生との交流会は始めてのことであり、留学生の参加も予想されていたことから様々な検討をした結果、「日本の伝統芸能『講談』を知る、楽しむ、感動する!!」をテーマに『講談』の面白さを知ってもらう機会とすることとした。

参加者は寮生が14名(うち留学生2名)、職員6名、豊島稲門会から13名であった。

初めの講師は、会員の小泉博明(講談名:柑太郎)が務め、講談の歴史や講談とは?等々ユーモア交えた語り口調に、寮生の口にも笑いが広がった。

続いて女性講談師の宝井琴柑さんが登場。切れ味鋭い講談師特有の深い張りのある語りに、一同思わず唖然。

そうこうしている内に、いつの間にかその話術に引き込まれ、寮生にも実演のチャンスが巡って来た。
ハワイ出身の寮生の一人が立ち上がると、すすっと講釈台の前に座り、与えられた水戸黄門の名場面を張りのある声で熱演。

『助さん格さん こらしめてやりなさい』『はっ』『助さん格さん もういいでしょう』『ご老公の御前である。頭が高い、控えおろう』と声も高らかに口上すると、会場は大喝采。
それも其のはず、その学生は声優志望とのことであった。

また男子学生と女子学生が牡丹灯籠の(おつゆ)(しんざぶろう)に扮し、役割分担し実演する等和気藹々と会が進行。

その後も『あらき またえもん』『半鐘』『牡丹灯籠』等を参加者全員で大声を張り上げていると、約束の1時間半の時間が瞬く間に過ぎて行った。

参加寮生は、全員が楽しくも想い出深いひと時を過ごしてくれたようだ。

最後に豊島稲門会会長石川宜司から寮生に対する激励の言葉が述べられ、「講談会の夕べ」の幕を閉じた。

【出演】
・宝井琴柑(講談師)、小泉柑太郎(本名:博明)

【参加者】
・浅原英明、石川宜司、阿部伸一郎、石塚努、上原力、大野修一、清水泰子、
相馬盛邦、加藤重光、小泉博明、高島民雄、濱田義文、山口菊子

(加藤重光 記)


稲門祭似顔絵コーナー

豊島稲門会は、今年も稲門祭にて似顔絵コーナーを開きました。

1_PA153510 1-PA153517 1-PA153515
1-PA153513 1-PA153512_ 1-PA153503


「稲門祭」 に“似顔絵コーナー”を出店

10月15日(日)「稲門祭」が開催され、豊島稲門会では毎年恒例となっている早稲田学生漫画研究会6名(男子1名、女子5名)による“似顔絵コーナー”を出店しました。午前11時からスタンバイしたものの、午前中は生憎の雨模様で会場の大隈庭園には人影もまばら状態。「ホームカミング・デー」が終了した11時半過ぎに漸く来場者が増え始め、午後からは子供さん(お孫さん?)の姿もチラホラと見られるように。1時過ぎになると、庭園中央の芝生では寒さをものともせず“フラダンス”の演舞が披露され、大勢の観客が集まりました。

幹事諸氏の懸命の呼び声のお陰で、漸く用意した6席の椅子が満席の状態に。漫研諸氏の似顔絵を描く手にも思わず力が入ったようです。毎年ご来店下さる常連の方々も無事に(?)お見えになり、当初のもくろみの人数には届かなかったものの、校友会行事への貢献として有意義な一日となりました。

(文責:古堺 稔人、写真:加藤 重光)

IMG_2926 IMG_2931
IMG_2936 IMG_2942


納涼会2017

_DSC7421 _DSC7403 _DSC7293
_DSC7269 _DSC7257 _DSC7237
_DSC7477 _DSC7465 _DSC7458
_DSC7450 _DSC7448


« 古い記事

Top