稲門会

早稲田大学HP
早稲田大学校友HP
早稲田大学校友会 東京23区支部ホーム

稲門会 都内

中央稲門会
千代田稲門会
江戸川稲門会
目黒稲門会
渋谷稲門会
中野稲門会
杉並稲門会
三鷹稲門会
練馬稲門会
板橋稲門会
新宿稲門会
世田谷稲門会
大田稲門会

豊島区関連

豊島区
豊島区を紹介するフリーペーパーを作るプロジェクト「池ブルックリン」
日本ユネスコ協会連盟「未来遺産」

活動紹介

阿部 伸一郎さんが個人戦優勝、3連覇達成! ―「4地区稲門会麻雀大会」R01.08.24(土)開催、団体戦は残念第3位―

IMG_8042

IMG_8043

IMG_8054

IMG_8046

IMG_8048

IMG_8045

 

 


今回豊島はフレッシュなメンバー(阿部さん、古堺さん、奥村さん)が加わっての「4地区稲門会麻雀大会」(杉並・練馬・武蔵野・豊島稲門会)への参加となった。団体戦、個人戦のダブル優勝を目指して勇躍会場へ。
いつもの通り12時15分に主催する杉並稲門会からゲームの進行手順、ルール確認が行われ、12時30分試合開始。半荘4回の短期決戦である。
第1回戦は各稲門会登録記載順で6卓に分かれ、以降は成績順による上位者からの卓の振り分けが行われる。第1回戦、阿部さん、古堺さんがE・F卓で第1位となり、絶好のスタートを切る。第2回戦も阿部さん、古堺さんがA・B卓でそれぞれ第1位となり個人戦、団体戦をリード。しかし、常連のメンバー(高島さん、加藤さん、溝口さん)が今回はツキにも見放され、団体戦の足を引っ張ることになり、結局団体戦は第3位に終わった。
一方、個人戦では阿部 伸一郎さんが4回戦ともトップを飾るという、ブッチ切りで優勝。古堺さんが第5位に、奥村さんも第20位で表彰された。阿部さんの個人戦優勝により、個人戦では豊島が加藤さん、高島さんに続く3連覇を達成したことになり、面目を施した。私の気持ちは「今日は助太刀の気持ちで参加しましたが、個人戦優勝という結果となり、望外の喜び、僥倖というしかありません

ゲーム終了後近くの居酒屋で行われた懇親会、荻窪での熱戦そして夏の暑い一日に冷えたビールの喉越しが漸く疲れた頭を癒してくれた。次回は12月下旬に開催することが発表され、閉会となった。
◎参加者:阿部 伸一郎(H3理工)/奥村 喬(S44商)/加藤 重光(S47教育)/
古堺 稔人(S63商)/高島 民雄(S46理工院)/溝口 元(S51教育)
以上6名 (順不同・敬称略)
(文責:阿部 伸一郎  写真:加藤 重光)


【麻雀会】高島 民雄さん(麻雀会委員長)が個人戦を制す!!

IMG_5961 IMG_5962
IMG_5966

――「四地区稲門会麻雀大会」H30.12.22(土) 団体戦は準優勝――

JR「荻窪駅」から徒歩2分、飲食店が立ち並ぶ商店街の路地を曲った古びたビルの4階に決戦の舞台「雀荘 慶春」がある。一体平均年齢はいくつなのか、70歳を少し上回
っているかもしれない。其処は中高年24名の異様な熱気が充満していた。

午後12時30分、愈々切って降ろされた戦いの火蓋。豊島は「団体戦2連覇」を合言葉に、前回と同じメンバー6名が参加。各稲門会(杉並・練馬・武蔵野・豊島)から6名、
計24名が参加して行われる団体戦、そして個人戦が争われる半荘4回の短期決戦である。

4時間に亘る熱戦の結果は、団体戦は練馬が圧勝し、豊島はからくも2位を死守、準優勝を確保した。だが個人戦では高島 民雄さんが第1位となり、前回(加藤が第1位)に続
き豊島が “個人戦連覇”を達成、「豊島強し」の感が一層高まることとなり面目を施した。

IMG_5965

試合後に行われた「だんだん道場」(餃子屋)での食事会では、もうすっかり顔馴染みとなった他稲門会の方々と楽しく和気藹々のひと時を過ごした。美酒に酔い痴れ、美味し
い餃子に舌鼓を打ち、名残り惜しみつつ師走にごった返す人ごみを抜けて駅へと向かった。

*参加者:足立 弥寿征、高島 民雄、服部 和敬、平野 英雄、溝口 元、加藤 重光

(以上6名 順不同/敬称略)

(文責/写真:加藤 重光)


久方ぶりに団体戦・個人戦 ダブル優勝!! ――「4地区稲門会麻雀大会  H30.8.25(土)開催――

IMG_5321 IMG_5325
IMG_5326 IMG_5333

「“2018ジャカルタ・アジア大会 バドミントン女子団体48年ぶり金メダル獲得”に倣い一致団結しよう!」「武蔵野の4連覇を阻もう!」「先手必勝で頑張ろう!」の合言葉を胸に、豊島稲門会麻雀会の精鋭6名が、平成30年8月25日(土)JR「荻窪駅」前近くの麻雀荘にて開催された「4地区稲門会(杉並・練馬・武蔵野・豊島)麻雀大会」に勇躍参加した。

各稲門会6名、合計24名が参加して行われる団体戦、そして個人戦が争われる半荘4回の短期決戦。
舞台となった麻雀荘「慶春」の中は、虎視眈眈と闘志を燃やす参加者面々、効きが悪いノー・エアコン状態とが織りなした異常なる熱気が充満し、愈々熱戦の火蓋が切られた。

第1回戦は抽選の組合せで行われ、高島さん、加藤さんがグループ第1位、服部さんが第2位という、願っても無い先手必勝の好スタートを切ることができた。
続いて2回戦からは戦績上位順での組合せ。ここで加藤さん、溝口さん、服部さんがグループ第1位で、他稲門会をリードし優勢に進める。
第3回戦は今回の団体戦の行方を決める重要な勝負所であったが、ここでも足立さん、高島さん、加藤さんがグループ第1位となり、ほぼ団体戦の勝利を決定づけた。
最終の第4回戦は、戦績最上位卓に4名中3名が豊島となり、余裕をもって他稲門会を圧倒し、見事に団体戦優勝を成し遂げた。

個人戦では、加藤さんが第1位、足立さんが第2位となりワンツー・フィニッシュ。
第6位に溝口さん、第7位に服部さんが、第11位に高島さんが何れも上位にくいこみ、第20位には平野が入る等大いに気を吐いた。

「今回は、豊島に圧倒されました」「いやー、強かったですねー」等々の祝福の声が湧き上がる中、団体戦・個人戦の表彰式が行われ、しばしニンマリとした豊島面々の顔が印象的だった。

試合後に行われた食事会では、他稲門会の方々と楽しくも和気藹々のひと時を過ごし、認知症(?)など無縁の充実した楽しい笑い声が飲み屋一杯に響き渡り、「うーん、美味しいなー」と思わず唸ってしまうほどの美酒に酔い痴れ、猛暑の中の想い出深い一夜となった。

◎参加者:足立 弥寿征、加藤 重光、高島 民雄、服部 和敬、平野 英雄、溝口 元
       以上6名 順不同/敬称略

(文責:平野 英雄  写真:加藤 重光)


団体戦は、惜しくも準優勝!! ~近隣四地区稲門会麻雀大会 H29.12.23(土)~

去る平成29年12月23日(土)、杉並・練馬・武蔵野・豊島の近隣四地区稲門会対抗の麻雀大会が、総勢24名の参加(各チーム6名)で行われました。今回から年3回(従来年2回)に変更され、会場のJR荻窪駅近くの雀荘「慶春」は、昼過ぎには続々と参加者が集まり熱気むんむん。

豊島稲門会は団体戦では過去2連覇するなど優勝を何度か経験してきましたが、ここ2回は武蔵野が2連覇し、豊島は優勝からは遠ざかっています。「今回は何としても優勝を果たそう!」と高島委員長から檄が飛ぶなど、参加6名全員が気合いを入れて試合に臨みました。

試合は4回戦、得点の上位から毎回メンバーが入れ替わるという非常な弱肉強食の世界。初戦は服部さんが強敵メンバーの卓をトップで勝ち抜き、第2戦もトップという幸先の良いスタートを切りました。第3戦は中嶋さん、加藤さんがそれぞれトップ。第4戦で私足立がトップを取ったものの、最終的に6名合計でプラス18となり準優勝。今一歩優勝に届きませんでした。武蔵野稲門会が3連覇、また練馬稲門会から紅一点の河野さんが個人戦準優勝で表彰されていたのが特筆ものでした。

これからも、麻雀会を通じて近隣稲門会との友好の輪を広げてまいります。

・文 責 : 足立 弥寿征(41年商)  ・写真 : 加藤 重光(47年教育)

・参加者 : 足立弥寿征、加藤重光、高島民雄、中嶋 佐武郎、服部和敬、平野英雄 

(順不同/敬称略)

IMG_3186 IMG_3199 IMG_3197
IMG_3193 IMG_3191 IMG_3187


役満(国士無双)の上がりは、「最高!~ですう~!!」

IMG_2955

IMG_2947
IMG_2950 IMG_2952

役満(国士無双)の発生確率は1万分の3という数字があります。数多い役満の中で最も難しいのは「天和」、その確率は33万分の1と言われています。

10月28日(土)の当会麻雀会月例会は9名の参加で行われました。終盤に差し掛かったA席では、何やら只ならぬ雰囲気が?・・・。

そして上席のリーチにも怯まず耽々とさし進めていた足立 弥寿征さん(S41商)が、おもむろに「ロン!」(和了)の声。全員が覗き込んだその手役は、なんと「国士無双」の役満。

その上り牌は、ラス牌の「白」でした。嬉しさのあまり飛び跳ねるのではと傍から見ていましたが、足立さんのその顔は、むしろ恥ずかしげに微笑んでいたのが印象的でした。

その胸中を思いやると、振り込んだ相手を慮る武士の情けを感じてしまいました。(「お主、出来るの-」)

麻雀というゲームの歴史はそう古いものでは無く、中国各地の民衆の中で遊ばれていた麻雀に似たゲームが統一化され、現在のような形になったのは19世紀の後半。

日本に初めて麻雀を紹介したのは、彼の“夏目漱石”だと言われます。

漱石が中国(当時は支那)を歴訪した時の紀行文「満韓ところどころ」を明治42年(1909年)11月19日付東京朝日新聞に掲載しましたが、その中に麻雀に興じている4人の様子を掲載しています。

その頃中国に進出していた欧米列強の間でも、麻雀は特に上海で大流行していたようです。ヨーロッパへは東印度会社により伝播され、1920年代にはヨーロッパ全域に広がり、主に上流階級の社交ゲームとして遊ばれるようになっていたとのこと。

豊島稲門会諸兄も学生時代を思い出し、ぜひとも私たちの仲間に参加されたし。「友よ来たれ!、酒好きよ来たれ!、認知症予防を志す者来たれ!、暇人も来たれ!」

参加者:高島民雄、足立弥寿征、石塚努、上島英治、中嶋佐武郎、服部和敬、平野英雄、溝口元、加藤重光  以上9名(順不同/敬称略)

(文責:加藤重光、写真:加藤重光) 


平成29年8月26日(土) 第6回近隣四地区稲門会麻雀大会

平成29年8月26日(土)荻窪「麻雀 慶春」にて第6回近隣四地区稲門会麻雀大会が
開催されました。
2大会ぶりの優勝を目指し、豊島稲門会の精鋭6名が結集しましたが団体戦の結果は第4位。個人戦も善戦空しく入賞者は無しでした。
大会後の懇親会は、次回再び栄冠を手にするための誓いの場となりました。

参加者及び個人戦成績は下記の通りです。
平野英雄(4位)・高島民雄(8位)・古堺稔人(12位)・中嶋佐武郎(13位)・溝口元(18位)・加藤重光(21位) <敬称略>
文責:古堺稔人


団体戦は惜しくも第3位に終わる ~近隣四地区稲門会麻雀大会~

m-IMG_0963 m-IMG_0968
m-IMG_0994 m-IMG_0960

去る平成29年2月25日(土)、杉並・練馬・武蔵野・豊島の近隣四地区稲門会合同の麻雀大会が、総勢24名の参加(各チーム6名)で行われました。会場は、JR荻窪駅近くの雀荘「慶春」。半荘ごと得点上位順にメンバーを入替し、半荘4回の合計点を競うものでした。

豊島稲門会は、団体戦での優勝を何度もする強豪チーム。ところが今回は、当会ナンバー1の実力者高島民雄委員長が欠席の為、急遽補欠の私が参加(他の5名はいつも参加の精鋭たち)することになりました。各チーム6名のトータル成績を競う団体戦、責任重大です。私の麻雀は学生時代に覚えましたが、40数年のブランクで点数も数えられない程度です。結果、残念ながら団体戦の順位は4チーム中3位でした。しかし個人戦は、なんと私が第4位で最上位でした。(笑) 

数年前から加藤幹事長のお誘いで、原則毎月第4土曜日に開催の豊島稲門会麻雀会に参加することに。優しく親切な先輩校友等に指導を受けながら、なんと他流試合にも参加するまでになりました。したがって、麻雀は実力より運が左右するゲームなんだ、ということを証明するものです。

麻雀に自信が無くても大丈夫。池袋西口で行われる麻雀会月例会に参加してみては如何ですか。麻雀の後は、お酒と食事の懇親会もあります。私も二度と縁がないと思われた麻雀に、また出会うことができました。これも豊島稲門会のお蔭です。忍び寄る老後に、ボケ防止の為にも、これからも様々な活動に参加して頑張るつもりです。             

・文 責 : 石塚 努(47年理工)  ・写真 : 加藤 重光(47年教育)
・参加者 : 足立弥寿征、加藤重光、古堺稔人、服部和敬、平野英雄、石塚努 
 (敬称略)


無念、団体戦3連覇ならず!! ―― 新生第4回「近隣4地区稲門会麻雀大会」――

去る平成28年8月27日(土)12時30分から、JR「荻窪」駅北口近くの麻雀荘「慶春」に於いて、新生第4回「近隣4地区稲門会麻雀大会」(杉並・練馬・武蔵野・豊島)が開催された。各稲門会代表6計24名による半荘4回の団体戦および個人戦の熱戦が繰り広げられた。

結果は団体戦、個人戦とも杉並稲門会の圧勝となり、団体戦3連覇を狙った豊島稲門会は、残念ながら第3位となり連覇を阻まれてしまった。今大会は役満が3回出るなど乱打戦の様相。個人戦では平野 英雄さん(S37教育)が第7位、高島 民雄さん(S46理工院)が第10位で飛び賞を受けた。その中でも平野 英雄さんが親での役満(四暗刻)を上がり大いに気を吐いた。

大会終了後、近くの台湾料理店で行われた食事会では、他稲門会の諸氏と大いに交歓の輪を広げて、有意義なひと時を過ごすことができた。次回は平成29年2月に開催予定、乞うご期待。

*豊島稲門会参加者:足立 弥寿征、加藤 重光、古堺 稔人、高島 民雄
              服部 和敬、平野 英雄 (敬称略/順不同)

(文責:古堺 稔人/写真:加藤 重光)

s-IMG_9060 s-IMG_9067 s-IMG_9069
s-IMG_9072 s-IMG_9074 s-IMG_9075
s-IMG_9080 s-IMG_9058


「近隣4地区稲門会麻雀大会」に於いて 豊島稲門会が団体戦見事に2連覇を達成!!

第3回となる「近隣4地区稲門会麻雀大会」(杉並・練馬・武蔵野・豊島)が、 平成28年2月28日(日)にJR荻窪駅前の“麻雀・慶春”で行われました。

各地区稲門会6名の選抜制で、総勢24名による半荘4回戦の“団体戦”、 “個人戦”が争われ、豊島稲門会は高島委員長以下精鋭6名が参加。 戦いの勝敗は4回戦の最終回までもつれ込み、杉並稲門会優勢のなか、 最終卓の結果で、豊島稲門会が大逆転の末、見事にそして念願の 「団体戦2連覇」をなし遂げました。
また、個人戦では第3位に高島 民雄 さん、第5位に服部 和敬さんが入賞しました。

大会終了後、近くの台湾料理店で行われた懇親会では、参加者全員が 勝利の美酒に酔い、また他稲門会の方々と大いに懇親を深めました。

次回は平成28年8月に開催することが発表され、豊島は3連覇を目指し て頑張りますので、会員諸氏の応援をお願いします。

(文責:小木 雅 /写真:加藤 重光) (参加者:足立 弥寿征、小木 雅、加藤 重光、古堺 稔人、高島 民雄 服部 和敬 以上6名 順不同/敬称略)

s-IMG_6424 s-IMG_6418
s-IMG_6431 s-IMG_6432
s-IMG_6437 s-IMG_6469


麻雀会 見事に“団体戦”、“個人戦”ダブル優勝の栄冠!!

麻雀会 見事に“団体戦”、“個人戦”ダブル優勝の栄冠!! 麻雀会 見事に“団体戦”、“個人戦”ダブル優勝の栄冠!! 麻雀会 見事に“団体戦”、“個人戦”ダブル優勝の栄冠!!
麻雀会 見事に“団体戦”、“個人戦”ダブル優勝の栄冠!! 麻雀会 見事に“団体戦”、“個人戦”ダブル優勝の栄冠!! 麻雀会 見事に“団体戦”、“個人戦”ダブル優勝の栄冠!!

 杉並稲門会が幹事に替った第2回となる「近隣四地区稲門会麻雀大会」(武蔵野・練馬・杉並・豊島)が、平成27年8月22日(土)にJR「荻窪」駅前の“麻雀・慶春”で行われました。

今回から各地区稲門会6名の選抜制に変わり、総勢24名による半荘4回戦の“団体戦”、“個人戦”が争われ、 豊島稲門会は高島委員長以下精鋭6名が参加、そして見事に待望の“団体戦”、“個人戦”(優勝者:足立 弥寿征)のダブル優勝を果たし、“豊島稲門会強し”の印象を残してくることが出来ました。

 大会終了後、近くの餃子屋で行われた懇親会では、参加者全員が大いに美酒に酔い痴れたのでした。

次回は平成28年2月に開催予定、豊島は連覇目指して頑張っちゃうぞ~・・・。

文責:足立 弥寿征 写真:加藤 重光
(参加者 : 高島 民雄、足立 弥寿征、加藤 重光、服部 和敬、溝口 元、柳沼 正秀   以上6名 順不同/敬称略)


« 古い記事

Top