稲門会

早稲田大学HP
早稲田大学校友HP
早稲田大学校友会 東京23区支部ホーム

稲門会 都内

中央稲門会
千代田稲門会
江戸川稲門会
目黒稲門会
渋谷稲門会
中野稲門会
杉並稲門会
三鷹稲門会
練馬稲門会
板橋稲門会
新宿稲門会
世田谷稲門会
大田稲門会

豊島区関連

豊島区
豊島区を紹介するフリーペーパーを作るプロジェクト「池ブルックリン」
日本ユネスコ協会連盟「未来遺産」

活動紹介

豊島稲門会 楽遊会 2018年6月23日(土)大塚大人遊びと幻の共水うなぎの会

6月23日(土)、午後6時から大塚三業通りの「うなぎ宮川」で、楽遊会が開宴された。
三業とは、「料理屋」「芸者置屋」「待合」が許可された花街のことで、全盛期には700人の芸者がいたが、今は3名という。

往時の面影や風情に思いを馳せ、ゲストに大塚芸者いくよ、女性幇間の櫻川七太郎、ギタリスト(流し)の黒澤賢吾をお招きし、 お座敷の歌や踊り、ギター演奏でのカラオケ、お座敷遊びを楽しんだ。

いくよは、「筑波根」「青すだれ」「奴さん」を踊り、七太郎は「獅子舞」や「かっぽれ」などを踊った。
料理も鰻尽くしで、最後に幻の共水うなぎの鰻重を堪能した。

名残惜しかったが、紺碧の空の大合唱でお開きとなった。

(小泉博明 記)
(参加者)
浅原英明、足立憲昭、阿部伸一郎、荒井啓隆、有田紀久枝、石塚努、上原力、岡修爾、小 野田真子、河原弘明、菊池泰造、小泉博明、小林純、清水泰子、鈴木修、諏訪智士、相 馬盛邦、高島民雄、徳冨誠二郎、新倉哲郎、長谷川利允、藤原佐吉、夫馬和彦、松井壽 一、松本幹、溝口元、山口宗位、宝井琴柑、川久保貢、町田佳子、磯川涼子(31名)


豊島稲門会    定期総会・懇親会

6月1日(金)18時より、池袋メトロポリタンホテルにて、2018年度定期総会・懇親会を開催した。
来賓として早稲田大学地域担当部長本田博氏、近隣稲門会の会長ほかをお招きした。

石川宜司会長の挨拶に続き、前年度の活動報告、本年度の活動計画案、決算、予算案などを審議し、承認可決された。

懇親会では、早稲田大学フラメンコ集団バマによるダンスが披露され、オーレの掛け声が挙がった。
その後、新入会員の挨拶や、また各委員長からの活動内容と計画が発表された。

料理に舌鼓を打ち、杯を酌み交わし、旧交を温め合った。
最後は、校歌斉唱、エール、記念写真を撮り、大盛況のうちにお開きとなった。

63名の参加者であった。

                                (小泉博明 記)


第3回 講談師と歩く史跡見学会 - 大隈老侯に会い、「谷根千」を歩く

_DSC0102 _DSC0142 _DSC0159
_DSC0188 _DSC0207 _DSC0219

5月13日(日)、女流講談師宝井琴柑さんのご案内により、江戸情緒の残る谷中、根津、千駄木界隈の「谷根千」を散策した。総勢19名は、日暮里駅に午前10時に集合した。

最初に、朝倉文夫のアトリエであった台東区立朝倉彫塑館を訪ねた。
朝倉は大隈重信像を3回造ったが、同館には早大キャンパスにある大隈老侯の銅像の複製が置いてある。鉄筋のアトリエと数寄屋造りの旧住宅と庭園が調和していた。

その後、赤穂浪士供養塔のある観音寺に立ち寄り、風情のある築地塀を見て、全生庵へ行った。
境内にある山岡鉄舟、三遊亭円朝の墓に合掌し、三崎坂を下り、団子坂(D坂)を上り、観潮楼址の森鷗外記念館へ着いた。

次に、光源寺の駒込十一面観音を見学した。

そして本駒込駅近くの長寿庵にて、蕎麦懐石を堪能し、琴柑先生には特別に一席(あんぱんを食べた清水次郎長)をご披露していただいた。

話芸に接し、心を洗う一日であった。                           

(参加者)
秋山一郎、秋山寿子、浅原英明、石川宜司、石塚努、石塚雅典、石塚由美子、上島英治、上原力、小泉博明、諏訪智士、相馬盛邦、長谷川利允、藤原佐吉、濱田義文、岩井清郎、呰上愛子、小林朝子、宝井琴柑 <敬称略>

小泉博明(S52・文)


中野WISH国際学生寮生との交流会

IMG_4484 IMG_4506 IMG_4525

2018年4月23日(月)午後7時から<国際学生寮WISH(中野)>寮生との交流会を開催した。

学生寮生との交流会は始めてのことであり、留学生の参加も予想されていたことから様々な検討をした結果、「日本の伝統芸能『講談』を知る、楽しむ、感動する!!」をテーマに『講談』の面白さを知ってもらう機会とすることとした。

参加者は寮生が14名(うち留学生2名)、職員6名、豊島稲門会から13名であった。

初めの講師は、会員の小泉博明(講談名:柑太郎)が務め、講談の歴史や講談とは?等々ユーモア交えた語り口調に、寮生の口にも笑いが広がった。

続いて女性講談師の宝井琴柑さんが登場。切れ味鋭い講談師特有の深い張りのある語りに、一同思わず唖然。

そうこうしている内に、いつの間にかその話術に引き込まれ、寮生にも実演のチャンスが巡って来た。
ハワイ出身の寮生の一人が立ち上がると、すすっと講釈台の前に座り、与えられた水戸黄門の名場面を張りのある声で熱演。

『助さん格さん こらしめてやりなさい』『はっ』『助さん格さん もういいでしょう』『ご老公の御前である。頭が高い、控えおろう』と声も高らかに口上すると、会場は大喝采。
それも其のはず、その学生は声優志望とのことであった。

また男子学生と女子学生が牡丹灯籠の(おつゆ)(しんざぶろう)に扮し、役割分担し実演する等和気藹々と会が進行。

その後も『あらき またえもん』『半鐘』『牡丹灯籠』等を参加者全員で大声を張り上げていると、約束の1時間半の時間が瞬く間に過ぎて行った。

参加寮生は、全員が楽しくも想い出深いひと時を過ごしてくれたようだ。

最後に豊島稲門会会長石川宜司から寮生に対する激励の言葉が述べられ、「講談会の夕べ」の幕を閉じた。

【出演】
・宝井琴柑(講談師)、小泉柑太郎(本名:博明)

【参加者】
・浅原英明、石川宜司、阿部伸一郎、石塚努、上原力、大野修一、清水泰子、 相馬盛邦、加藤重光、小泉博明、高島民雄、濱田義文、山口菊子

(加藤重光 記)


―第63回豊島稲門会ゴルフコンペ開催―

IMG_4258 IMG_4273

 ゴルフは難しいNot,But易しくない、愉しむこと!
「豊島稲門会ゴルフコンペ」が去る4月3日(火)埼玉県の石坂ゴルフ倶楽部で行われ、参加20名で花、球乱れ飛ぶ中、和気あいあいの一日を過ごしました。

 都内の花見桜と違い石坂Gは標高90M岩殿自然公園の一角にあり樹々の芽吹きから散見する自然の山桜はコースの景観を引き立て、特に14番ホールのグリーンから見返る桜は一 幅の絵になるコースでした。

 競技の方の高齢者三人を紹介すると

〇尾内昌吉さん(理工27)「今年は89才になる是非ともエイジシュートを狙いたい、その為週2~3回ゴルフレッスンを受けている」と大張り切りでした。目標達成を祈る!
〇横田隆さん(政経30)「今日一日皆さんとゴルフができれば満足」とパートナーに恵まれ励まされ健康と親睦、自然を満喫しながら愉しむゴルフは”最高の一日“と笑顔一杯でした。
〇平野英雄(教育37)石坂の傾斜グリーンは攻めてはムリと前半57の反省から後半はOKボール狙いのツーパットで、これが功を奏し47でラウンド初勝利を得ました。

反省会では石坂のグリーンやコース戦略は難しいと言われましたが、オーガスタコースは“ガラスのグリーン、11H~13Hはアーメンコーナー”など難しいのではなくゴルフは易しくはないのです。

ここ石坂は早大土木卒の先輩岡田繁氏のプロジェクトでプロを目指す埼玉研修会の方は戦略性の高い面白いコースと評判の作品です。勿論先輩の監修施工です。

競技結果優勝、平野英雄
準優勝、高島民雄

三位、高安晧一
ブービー、横田隆

尚、秋の第64回コンペは10月11日予定
奮って参加を!

  (記 平野英雄)


囲碁会 練馬稲門会との対抗戦

3月10日(土)、恒例の囲碁会対抗戦が開催された。総勢19人の参加で、段位クラスと 級位クラスに分かれて、棋力を競った。

段位クラスでは、1人3局から5局対戦し、豊島14勝、練馬11勝と、豊島に凱歌が挙がった。

会終了後、居酒屋にて懇親を深め、秋への健闘を約して、散会した。   (畑岡)


団体戦は、惜しくも準優勝!! ~近隣四地区稲門会麻雀大会 H29.12.23(土)~

去る平成29年12月23日(土)、杉並・練馬・武蔵野・豊島の近隣四地区稲門会対抗の麻雀大会が、総勢24名の参加(各チーム6名)で行われました。今回から年3回(従来年2回)に変更され、会場のJR荻窪駅近くの雀荘「慶春」は、昼過ぎには続々と参加者が集まり熱気むんむん。

豊島稲門会は団体戦では過去2連覇するなど優勝を何度か経験してきましたが、ここ2回は武蔵野が2連覇し、豊島は優勝からは遠ざかっています。「今回は何としても優勝を果たそう!」と高島委員長から檄が飛ぶなど、参加6名全員が気合いを入れて試合に臨みました。

試合は4回戦、得点の上位から毎回メンバーが入れ替わるという非常な弱肉強食の世界。初戦は服部さんが強敵メンバーの卓をトップで勝ち抜き、第2戦もトップという幸先の良いスタートを切りました。第3戦は中嶋さん、加藤さんがそれぞれトップ。第4戦で私足立がトップを取ったものの、最終的に6名合計でプラス18となり準優勝。今一歩優勝に届きませんでした。武蔵野稲門会が3連覇、また練馬稲門会から紅一点の河野さんが個人戦準優勝で表彰されていたのが特筆ものでした。

これからも、麻雀会を通じて近隣稲門会との友好の輪を広げてまいります。

・文 責 : 足立 弥寿征(41年商)  ・写真 : 加藤 重光(47年教育)

・参加者 : 足立弥寿征、加藤重光、高島民雄、中嶋 佐武郎、服部和敬、平野英雄 

(順不同/敬称略)

IMG_3186 IMG_3199 IMG_3197
IMG_3193 IMG_3191 IMG_3187


第9回校友会ゴルフ大会

去る11月2日、第9回校友会ゴルフ大会が飯能市の久邇カントリ-クラブにて開催されました。

秋の穏やかな気候の中、全国のみならず海外からも40余りの稲門会、総勢188人が集結して個人戦、団体戦を戦いました。
毎年のことですが200人近い参加者ですので27ホ-ルを貸し切り全ホ-ルから一斉にラッパを合図に、いわゆるショットガン方式で同時にスタ-トして行きます。

我が豊島稲門会からは、石塚 努、真瀬 明夫、鈴木 修、小田切 豊(敬称略)の精鋭部隊(?)が北コ-ス4と5番ホ-ルからシンガポ-ル、遠州、87年次稲門会とのペアリングでスタ-トしました。
私の同伴競技者は野球やテニスの体育会OBでしたので少しビビりましたが無事互角にラウンドできました。

全員がほぼ同時にラウンド終了しますのでロッカ-ル-ムや風呂場は朝の通勤ラッシュの様相を呈しています。それでもさすが早稲田、お互いの譲り合いで人数の割にはにスム-ズに片付いていきます。
そのためパ-ティは待ち時間なくすぐ始められ、ほぼ全員が参加し盛大に執り行われました。

さて豊島稲門会ですが奮闘空しく団体戦は惨敗、順位すらわかりません。
個人成績は私、小田切がネット71.6でなんとか10位に入賞しました。
188人もいると少々のアンダ-では上位になかなかいけませんね。
ちなみに優勝者はネット69.0でした。

団体戦は上位3人の成績で決まるので下手の鉄砲とは言いませんが参加者の多い稲門会が有利です。
来秋の第10回大会にはみなさん奮って御参加いただき団体優勝出来ることを願っています。

DSC_0451


稲門祭似顔絵コーナー

豊島稲門会は、今年も稲門祭にて似顔絵コーナーを開きました。

1_PA153510 1-PA153517 1-PA153515
1-PA153513 1-PA153512_ 1-PA153503


役満(国士無双)の上がりは、「最高!~ですう~!!」

IMG_2955 IMG_2947
IMG_2950 IMG_2952

役満(国士無双)の発生確率は1万分の3という数字があります。数多い役満の中で最も難しいのは「天和」、その確率は33万分の1と言われています。

10月28日(土)の当会麻雀会月例会は9名の参加で行われました。終盤に差し掛かったA席では、何やら只ならぬ雰囲気が?・・・。

そして上席のリーチにも怯まず耽々とさし進めていた足立 弥寿征さん(S41商)が、おもむろに「ロン!」(和了)の声。全員が覗き込んだその手役は、なんと「国士無双」の役満。

その上り牌は、ラス牌の「白」でした。嬉しさのあまり飛び跳ねるのではと傍から見ていましたが、足立さんのその顔は、むしろ恥ずかしげに微笑んでいたのが印象的でした。

その胸中を思いやると、振り込んだ相手を慮る武士の情けを感じてしまいました。(「お主、出来るの-」)

麻雀というゲームの歴史はそう古いものでは無く、中国各地の民衆の中で遊ばれていた麻雀に似たゲームが統一化され、現在のような形になったのは19世紀の後半。

日本に初めて麻雀を紹介したのは、彼の“夏目漱石”だと言われます。

漱石が中国(当時は支那)を歴訪した時の紀行文「満韓ところどころ」を明治42年(1909年)11月19日付東京朝日新聞に掲載しましたが、その中に麻雀に興じている4人の様子を掲載しています。

その頃中国に進出していた欧米列強の間でも、麻雀は特に上海で大流行していたようです。ヨーロッパへは東印度会社により伝播され、1920年代にはヨーロッパ全域に広がり、主に上流階級の社交ゲームとして遊ばれるようになっていたとのこと。

豊島稲門会諸兄も学生時代を思い出し、ぜひとも私たちの仲間に参加されたし。「友よ来たれ!、酒好きよ来たれ!、認知症予防を志す者来たれ!、暇人も来たれ!」

参加者:高島民雄、足立弥寿征、石塚努、上島英治、中嶋佐武郎、服部和敬、平野英雄、溝口元、加藤重光  以上9名(順不同/敬称略)

(文責:加藤重光、写真:加藤重光) 


« 古い記事

Top