稲門会

早稲田大学HP
早稲田大学校友HP
早稲田大学校友会 東京23区支部ホーム

稲門会 都内

中央稲門会
千代田稲門会
江戸川稲門会
目黒稲門会
渋谷稲門会
中野稲門会
杉並稲門会
三鷹稲門会
練馬稲門会
板橋稲門会
新宿稲門会
世田谷稲門会
大田稲門会

豊島区関連

豊島区
日本ユネスコ協会連盟「未来遺産」

活動紹介

団体戦は、惜しくも準優勝!! ~近隣四地区稲門会麻雀大会 H29.12.23(土)~

去る平成29年12月23日(土)、杉並・練馬・武蔵野・豊島の近隣四地区稲門会対抗の麻雀大会が、総勢24名の参加(各チーム6名)で行われました。今回から年3回(従来年2回)に変更され、会場のJR荻窪駅近くの雀荘「慶春」は、昼過ぎには続々と参加者が集まり熱気むんむん。

豊島稲門会は団体戦では過去2連覇するなど優勝を何度か経験してきましたが、ここ2回は武蔵野が2連覇し、豊島は優勝からは遠ざかっています。「今回は何としても優勝を果たそう!」と高島委員長から檄が飛ぶなど、参加6名全員が気合いを入れて試合に臨みました。

試合は4回戦、得点の上位から毎回メンバーが入れ替わるという非常な弱肉強食の世界。初戦は服部さんが強敵メンバーの卓をトップで勝ち抜き、第2戦もトップという幸先の良いスタートを切りました。第3戦は中嶋さん、加藤さんがそれぞれトップ。第4戦で私足立がトップを取ったものの、最終的に6名合計でプラス18となり準優勝。今一歩優勝に届きませんでした。武蔵野稲門会が3連覇、また練馬稲門会から紅一点の河野さんが個人戦準優勝で表彰されていたのが特筆ものでした。

これからも、麻雀会を通じて近隣稲門会との友好の輪を広げてまいります。

・文 責 : 足立 弥寿征(41年商)  ・写真 : 加藤 重光(47年教育)

・参加者 : 足立弥寿征、加藤重光、高島民雄、中嶋 佐武郎、服部和敬、平野英雄 

(順不同/敬称略)

IMG_3186 IMG_3199 IMG_3197
IMG_3193 IMG_3191 IMG_3187


第9回校友会ゴルフ大会

去る11月2日、第9回校友会ゴルフ大会が飯能市の久邇カントリ-クラブにて開催されました。

秋の穏やかな気候の中、全国のみならず海外からも40余りの稲門会、総勢188人が集結して個人戦、団体戦を戦いました。
毎年のことですが200人近い参加者ですので27ホ-ルを貸し切り全ホ-ルから一斉にラッパを合図に、いわゆるショットガン方式で同時にスタ-トして行きます。

我が豊島稲門会からは、石塚 努、真瀬 明夫、鈴木 修、小田切 豊(敬称略)の精鋭部隊(?)が北コ-ス4と5番ホ-ルからシンガポ-ル、遠州、87年次稲門会とのペアリングでスタ-トしました。
私の同伴競技者は野球やテニスの体育会OBでしたので少しビビりましたが無事互角にラウンドできました。

全員がほぼ同時にラウンド終了しますのでロッカ-ル-ムや風呂場は朝の通勤ラッシュの様相を呈しています。それでもさすが早稲田、お互いの譲り合いで人数の割にはにスム-ズに片付いていきます。
そのためパ-ティは待ち時間なくすぐ始められ、ほぼ全員が参加し盛大に執り行われました。

さて豊島稲門会ですが奮闘空しく団体戦は惨敗、順位すらわかりません。
個人成績は私、小田切がネット71.6でなんとか10位に入賞しました。
188人もいると少々のアンダ-では上位になかなかいけませんね。
ちなみに優勝者はネット69.0でした。

団体戦は上位3人の成績で決まるので下手の鉄砲とは言いませんが参加者の多い稲門会が有利です。
来秋の第10回大会にはみなさん奮って御参加いただき団体優勝出来ることを願っています。

DSC_0451


稲門祭似顔絵コーナー

豊島稲門会は、今年も稲門祭にて似顔絵コーナーを開きました。

1_PA153510 1-PA153517 1-PA153515
1-PA153513 1-PA153512_ 1-PA153503


役満(国士無双)の上がりは、「最高!~ですう~!!」

IMG_2955 IMG_2947
IMG_2950 IMG_2952

役満(国士無双)の発生確率は1万分の3という数字があります。数多い役満の中で最も難しいのは「天和」、その確率は33万分の1と言われています。

10月28日(土)の当会麻雀会月例会は9名の参加で行われました。終盤に差し掛かったA席では、何やら只ならぬ雰囲気が?・・・。

そして上席のリーチにも怯まず耽々とさし進めていた足立 弥寿征さん(S41商)が、おもむろに「ロン!」(和了)の声。全員が覗き込んだその手役は、なんと「国士無双」の役満。

その上り牌は、ラス牌の「白」でした。嬉しさのあまり飛び跳ねるのではと傍から見ていましたが、足立さんのその顔は、むしろ恥ずかしげに微笑んでいたのが印象的でした。

その胸中を思いやると、振り込んだ相手を慮る武士の情けを感じてしまいました。(「お主、出来るの-」)

麻雀というゲームの歴史はそう古いものでは無く、中国各地の民衆の中で遊ばれていた麻雀に似たゲームが統一化され、現在のような形になったのは19世紀の後半。

日本に初めて麻雀を紹介したのは、彼の“夏目漱石”だと言われます。

漱石が中国(当時は支那)を歴訪した時の紀行文「満韓ところどころ」を明治42年(1909年)11月19日付東京朝日新聞に掲載しましたが、その中に麻雀に興じている4人の様子を掲載しています。

その頃中国に進出していた欧米列強の間でも、麻雀は特に上海で大流行していたようです。ヨーロッパへは東印度会社により伝播され、1920年代にはヨーロッパ全域に広がり、主に上流階級の社交ゲームとして遊ばれるようになっていたとのこと。

豊島稲門会諸兄も学生時代を思い出し、ぜひとも私たちの仲間に参加されたし。「友よ来たれ!、酒好きよ来たれ!、認知症予防を志す者来たれ!、暇人も来たれ!」

参加者:高島民雄、足立弥寿征、石塚努、上島英治、中嶋佐武郎、服部和敬、平野英雄、溝口元、加藤重光  以上9名(順不同/敬称略)

(文責:加藤重光、写真:加藤重光) 


豊島稲門会ゴルフコンペに優勝して

IMG_2853

 第62回豊島稲門会のゴルフコンペが、去る10月3日(火)に埼玉の名門、高坂カントリークラブ岩殿コースにて総勢19名で開催されました。前日からの雨模様の天気が心配されましたが、参加された皆さんの日ごろの行いが良い賜物なのでしょう。当日は絶好のゴルフコンディションとなり熱戦に相応しい舞台が整いました。

 今回の参加で三回目となる私は、以前故障した左肘の回復が遅れ、過去の成績も当然の様に納得のいく出来栄えではありませんでした。そこで思い切って一切練習をせずに、肘の治療に専念することを決意致しました。その甲斐があってすっかり肘の痛みもなくなり以前の様なゴルフが出来そうな気分に心躍り、コンペに参加した次第です。

 スタートは緊張のあまり右にプッシュアウトしましたが、左肘も痛まず当たりは良く距離も充分に出ていたので内心ホットした気分になりました。その後は、精神的に落ち着いたのか以前の様なゴルフを取り戻し、6番のショートホールでは、あわやホールインワンかと思わせるショットを放ち波に乗ることが出来ました。

 この様な復活のゴルフプレーが可能になったのは、ご一緒させて頂いた同伴者の皆様のお蔭でした。コースの細かい攻略法を分析したヤーデージブックを持参されていた尾内さん、スティディなゴルフを展開される小田切さん、同伴者の気分を終始和ませてくれた對崎さんの奥様に囲まれ、予想以上のスコアを出し8アンダーという好スコアで優勝させて頂きました。

 豊島稲門会ゴルフ会は心優しいゴルフが好きな方々の集まりです。是非とも多くの皆様の参加をお待ちしております。


「稲門祭」 に“似顔絵コーナー”を出店

10月15日(日)「稲門祭」が開催され、豊島稲門会では毎年恒例となっている早稲田学生漫画研究会6名(男子1名、女子5名)による“似顔絵コーナー”を出店しました。午前11時からスタンバイしたものの、午前中は生憎の雨模様で会場の大隈庭園には人影もまばら状態。「ホームカミング・デー」が終了した11時半過ぎに漸く来場者が増え始め、午後からは子供さん(お孫さん?)の姿もチラホラと見られるように。1時過ぎになると、庭園中央の芝生では寒さをものともせず“フラダンス”の演舞が披露され、大勢の観客が集まりました。

幹事諸氏の懸命の呼び声のお陰で、漸く用意した6席の椅子が満席の状態に。漫研諸氏の似顔絵を描く手にも思わず力が入ったようです。毎年ご来店下さる常連の方々も無事に(?)お見えになり、当初のもくろみの人数には届かなかったものの、校友会行事への貢献として有意義な一日となりました。

(文責:古堺 稔人、写真:加藤 重光)

IMG_2926 IMG_2931
IMG_2936 IMG_2942


翼の会 9月

翼の会 定例会が9/27(水)東京染井温泉 Sakuraで開かれました。
仕事帰りにお風呂に入り、さらっとした肌触りのシャツに包まれビールを一口。 同窓の先輩方と食の話、旅の話をしつつまったりと時間を過ごすのは格別の時間です。
好奇心旺盛な翼の会メンバーは、駒込に最近できたウイグル料理の話に興味津々です。 世界の家庭料理を食べ歩く企画、まだまだ好奇心は尽きなそう。
次回はウイグル料理で!
(文責:織田博子)


豊島稲門会旅行会(2017年9月 南信州)

IMG_2756 IMG_2724 IMG_2718
IMG_2684 IMG_2658 IMG_2638
IMG_2590 IMG_2573

 昨年に続く当旅行会の単独企画「日本一の星空と南信州の旅」が、9月10日(日)~11日(月)に開催された。今夏は記録的な雨が続くなど不順な天候に見舞われたが、この2日間は、石川会長以下22名の参加者の日頃の善行(?)ゆえか、本格的な夏のような好天に恵まれた。

 初日は、池袋の東京芸術劇場前から大型バスで出発して中央道を辿り、まずは諏訪大社・上社本宮に参拝、旅路の安全を祈願した。

昼食は、峠の釜めし本舗・おぎのやで、諏訪湖産ワカサギの唐揚げ付きの釜めしと信州みその味噌汁鍋で満腹となった。

その後、「人形劇のまち」飯田市の川本喜八郎・人形美術館に立ち寄り、NHK人形劇「三国志」「平家物語」等で使用された人形の展示とともに、操作方法等の解説を聞き、懐かしさとともに、貴重な知識を得た。

そして、1973年に旧国鉄の新路線調査試掘中に噴出した昼神温泉郷にある「湯多利の里 伊那華」に到着。
同旅館は、中日ドラゴンズの納会が長年開催される有数の宿であるが、早々に多種類の露天風呂などで汗を流した。

そして、食べ切れないほどの山海の珍味に舌鼓を打った後、寸暇を惜しむように今回のメインイベント「日本一の星空ナイトツアー」に参加した。
標高差400mを一気に昇るゴンドラで冬にはゲレンデとなる山頂に到着、8時の消灯を待ちわびていたところ、ライト等が一斉に消えた途端、夜空には、夏の大三角形、天の川、北極星などが輝き、大歓声が各所から沸き起こった。

所在地の阿智村は、2006年に環境庁が認定した「星が最も輝いて見える場所」の第1位に選ばれており、直前の日経新聞「星降る宿ランキング」でも同村所在の宿が2つ選ばれるだけの見応えのある景色に圧倒された。

その疲れからか、帰宿後の有志のカラオケ大会は、いつになく短時間で最後に校歌を歌って終了、直ちに床に就き初日が無事に終了。

 翌日は、まず満蒙開拓記念館を訪問、開拓団員の出身県別人数では長野県が断トツであることを知り、教育の力の恐ろしさ等を痛感するとともに、戦後平和の継続を改めて強く願った。

その後、「長野の善光寺だけでは片詣り」 と言い伝えられる飯田の元善光寺を訪れ、戒壇巡りで生まれ変わったかのような清新な気持ちとなり、昼食会場の「きのこ王国」に向かった。
きのこそばと一緒に出された珍しいきのこ類の天ぷらのボリュームには圧倒されたが、気を取り直してその後のきのこ狩りを満喫した。

最後に訪れた「ベルフォーレ・ワイナリー」(ケーキ等で有名なシャトレーゼが運営)では、試飲を精力的にこなした後、ワインやチーズ等のお土産を大量に購入。

帰路の車中では、一升瓶入りのワイン等を飲み干すうち、渋滞に遭遇することなく予定より早く出発地に戻ることが出来た。

このように盛り沢山の充実したツアーであったが、委員長U氏のいつもながらの緻密な計画のもと、会員並びにその家族・友人の積極的な協力によって、極めてスムーズで記憶に残る素晴らしい2日間となったことを改めて感謝申し上げたい。

(文)大野修一 (写真)加藤重光

 (参加者)会員:浅原英明、石川宣司、石塚努、今村彰啓、上島英治、上原力、大野修一、小野田真子、加藤重光、相馬盛邦、高島民雄、中西英治、濱田義文、平野英雄、横田隆、家族・友人:浅原洋子、奥田すみえ、中野照子、播磨信子、松井教子、三野桜、米川るみ


納涼会2017

_DSC7421 _DSC7403 _DSC7293
_DSC7269 _DSC7257 _DSC7237
_DSC7477 _DSC7465 _DSC7458
_DSC7450 _DSC7448


世界家庭料理第4弾 ~中国湖南地方~

会場は馬喰町近くの中華(湖南)料理店、大達さん推薦のお店でした。 季節の、それも贅沢では無い材料が、きれいに美味しく提供され皆さん大喜びでした。(諏訪さん)

IMG_4429 IMG_4421 IMG_4434
IMG_4436 IMG_4446 IMG_4469


« 古い記事

Top