稲門会

早稲田大学HP
早稲田大学校友HP
早稲田大学校友会 東京23区支部ホーム

稲門会 都内

中央稲門会
千代田稲門会
江戸川稲門会
目黒稲門会
渋谷稲門会
中野稲門会
杉並稲門会
三鷹稲門会
練馬稲門会
板橋稲門会
新宿稲門会
世田谷稲門会
大田稲門会

豊島区関連

豊島区
豊島区を紹介するフリーペーパーを作るプロジェクト「池ブルックリン」
日本ユネスコ協会連盟「未来遺産」

活動紹介

納涼会(2019/8/2)

1_DSC0001 2_DSC0019 4_DSC0025 5_DSC0027 6_DSC0032 7_DSC0033 8_DSC0038 9_DSC0047 10_DSC0049 11_DSC0062 12_DSC0092 13_DSC0106 14_DSC0140 15_DSC0168 16_DSC0177 18_DSC0179 19_DSC0182 20_DSC0184 22_DSC0223
24_DSC0262 25_DSC0266 26_DSC0267 27_DSC0268 28_DSC0270 29_DSC0274 30_DSC027733_DSC0300 34_DSC0304 35_DSC0318

 

 

 


32_DSC0297


豊島稲門会 楽遊会 「千住の史跡見学と鰻の昼食会」(2019/7/7)

IMG_2057 IMG_2063

7月7日(日)9時に、地下鉄日比谷線南千住駅南口に集合し、小塚原刑場跡の首切地蔵、回向院を見学した。回向院本堂の壁には、杉田玄白、前野良沢が、小塚原で刑死者の腑分け(解剖)の様子をみて、『解体新書』の翻訳を決意した「観臓記念碑」があった。境内には安政の大獄で処刑された吉田松陰、橋本佐内、大泥棒の鼠小僧次郎吉、毒婦と呼ばれた高橋お伝の墓があった。その後、徒歩で千住の鎮守である神社に参拝した。松尾芭蕉が『奥の細道』の旅立ちに当り、門弟や知人との別れを惜しんだ場所である。「行く春や鳥啼魚の目は泪」の句碑があった。
続いて昼食会場の「尾花」に向かった。東の「尾花」、西の「野田岩」と呼ばれる都内屈指の鰻の名店である。10時には店頭に到着したが、既に数名並んでいた。11時30分の開店まで、小雨の中1時間30分の待ち時間で、辛うじて第一回目で入店できた。幸運と言わざるをえない。焼き鳥、お新香、鰻重、肝吸いを賞味した。絶品であり堪能した。笑顔と満腹で、都電三ノ輪橋駅から帰途に着いた。
(小泉博明 記)
(参加者)上原力、小泉博明、琴静子、溝口元


二木会(2019/7/11)

次回は9月12日(木)です!ふるってご参加ください。

二木会20190711


豊島稲門会 定期総会・懇親会

6月7日(金)18時より、池袋メトロポリタンホテルにて、2019年度定期総会・懇親会を開催した。来賓として早稲田大学地域担当部長本田博氏、近隣稲門会会長、城北三田会会長などをお招きした。石川宜司会長の挨拶に続き、前年度の活動・収支決算報告、監査報告、本年度の活動計画、予算案などを審議し、承認可決された。
懇親会では、早稲田大学公認口笛サークル「ことリップ」によるアトラクションがあり、口笛のメロディーを楽しんだ。その後、新入会員の挨拶や、各委員長から本年度の活動内容と計画が発表された。杯を酌み交わし料理に堪能し、旧交を温め合った。最後は校歌斉唱、エール、記念写真の撮影で大盛況のうちにお開きとなった。52名の参加者であった。
(小泉博明 記)

 

_DSC9360 _DSC9361 _DSC9370 _DSC9395 _DSC9398 _DSC9432 _DSC9457 _DSC9468 _DSC9526 _DSC9538 _DSC9554 _DSC9574 _DSC9592 _DSC9597 _DSC9617 _DSC9622 _DSC9627 _DSC9634 _DSC9652 _DSC9711


稲門ゴルフ会 第65回(2019/3/28)

IMG_7251

去る328()埼玉県東松山市にある武蔵松山カントリークラブにおいて

65回コンペが開催され総勢22名で春のゴルフを楽しみました

秩父の山々を遠くに望み、松林や池でセパレートされたコ-スは自然に溢れ、攻める楽しさを思う存分味わうことができますがグリーンが難しく楽しさを求めると散々な結果が待ち受ける中々手強いゴルフ場でした。

当日は晴天に恵まれ、また気温は15度と時季相応ではありましたが、北西の風8-9メ-トルが吹荒れボールが思い通りになりません。まあ無風でも思い通りにはなりませんが…

職業柄3月末まで忙しく今回が本年初ラウンドです。

今年のゴルフの目標は3桁を打たない事ですが初回から挫折しそうでした。

ショ-トパットがことごとく入らずギリギリ99打でなんとか目標達成です。

石塚()さん、尾内さん、相馬さんとの組み合わせで和気藹々一日楽しくラウンドを終え

パ-ティが始まりました。

私にとっては厄介な強風でしたが浅原名誉会長は挨拶の中で春のそよ風と表現され立派な人は言うことが違うなと驚かされました。

表彰の段になっても自分のハンディキャップを把握しておらず大体5位前後かと思っていました。

なかなか名前を呼ばれず3位に加藤さん2位に同伴者の相馬さんが呼ばれ、あれ若しかしたらと思ったところ、その通りでした。

相馬さんとは同ネットでしたがラウンド中、互いに全く意識することなくまさかの結果

ワンツ-フィニッシュと相成りました。

平成最後の稲門コンペに優勝出来て大変光栄です。

幹事の皆様、同伴者の皆様 本当にありがとうございました。

次回は103日 私と平野さんが幹事となり石坂ゴルフクラブで開催予定です。

令和の初代優勝を目指し皆様奮ってご参加ください。

小田切 豊(S59政経)

IMG_7253
IMG_7254 IMG_7286 IMG_7265


23区支部大会

_DSC5969 _DSC5970 _DSC5972 _DSC5977 _DSC5993 _DSC5998 _DSC6060 _DSC6120 _DSC6121 _DSC6124 _DSC6129 _DSC6148 _DSC6166 _DSC6167


豊島稲門会 平成31年 新春懇親会

                                 福山啓子

2月1日、学習院の森を見下ろす「リュド・ヴィンテージ目白」で、新春懇親会が開かれました。片隅にセミグランドピアノが置かれた華やかな会場に五二名もの方々が集まり、賑やかで楽しい会になりました。

この日のアトラクションは「悠久への誘い~珠玉の名曲で綴る魅惑のひと時」と題した本格的なクラシック歌曲。出演者は、ソプラノ歌手で早稲田大学第一文学部出身の京島麗香さん、メゾソプラノの歌手で稲門会会員の娘さんである有田真恵さん、豊島区にお住いのピアニスト金沢亜希子さん。みなさん海外も含めて多方面で活躍中の、早稲田大学や豊島区にゆかりのある美女ばかり。なつかしい日本歌曲のメドレーの後は一転してオペラの名曲「魔笛」「フィガロの結婚」「カルメン」などドラマチックな歌をご披露いただきました。特に有田真恵さんの歌う妖艶な「カルメン」の「ハバネラ」は、会場をひとめぐりしながら歌って下さり、その魅力に男性陣はうっとり…。これを機会にクラシック歌曲やオペラのファンになった方も多かったのではないでしょうか。

私は新春懇親会は今回が初参加。始めは緊張しましたが、みなさん気さくな方ばかりで、先輩方のいろいろなお話が聞けてとても楽しいひと時となりました。お料理もとても美味しかったです。

西池袋二丁目に住み、池三小学校、道和中学、豊島高校と進んで早稲田大学に進み、昭和55年に第一文学部を卒業しました。自己紹介の後、「すぐ近くに住んでいます」とご挨拶下さった方も。改めて地元の会のつながりを感じました。

卒業後は青年劇場という劇団に所属し、大人向けの公演と、青少年向けの学校公演などで、東京と全国で公演活動を行っています。私は役者ではなく、劇作と演出、営業が主な仕事で、不規則なためなかなか稲門会に参加できないのが悩みですが、これからもお付き合いいただければと思います。どうぞよろしくお願い致します。

_DSC5431 _DSC5436 _DSC5444 _DSC5484 _DSC5505 _DSC5514 _DSC5532 _DSC5686 _DSC5701 _DSC5738 _DSC5748 _DSC5790 _DSC5793 _DSC5795 _DSC5809 _DSC5841 _DSC5852


【麻雀会】高島 民雄さん(麻雀会委員長)が個人戦を制す!!

IMG_5961 IMG_5962
IMG_5966

――「四地区稲門会麻雀大会」H30.12.22(土) 団体戦は準優勝――

JR「荻窪駅」から徒歩2分、飲食店が立ち並ぶ商店街の路地を曲った古びたビルの4階に決戦の舞台「雀荘 慶春」がある。一体平均年齢はいくつなのか、70歳を少し上回
っているかもしれない。其処は中高年24名の異様な熱気が充満していた。

午後12時30分、愈々切って降ろされた戦いの火蓋。豊島は「団体戦2連覇」を合言葉に、前回と同じメンバー6名が参加。各稲門会(杉並・練馬・武蔵野・豊島)から6名、
計24名が参加して行われる団体戦、そして個人戦が争われる半荘4回の短期決戦である。

4時間に亘る熱戦の結果は、団体戦は練馬が圧勝し、豊島はからくも2位を死守、準優勝を確保した。だが個人戦では高島 民雄さんが第1位となり、前回(加藤が第1位)に続
き豊島が “個人戦連覇”を達成、「豊島強し」の感が一層高まることとなり面目を施した。

IMG_5965

試合後に行われた「だんだん道場」(餃子屋)での食事会では、もうすっかり顔馴染みとなった他稲門会の方々と楽しく和気藹々のひと時を過ごした。美酒に酔い痴れ、美味し
い餃子に舌鼓を打ち、名残り惜しみつつ師走にごった返す人ごみを抜けて駅へと向かった。

*参加者:足立 弥寿征、高島 民雄、服部 和敬、平野 英雄、溝口 元、加藤 重光

(以上6名 順不同/敬称略)

(文責/写真:加藤 重光)


翼の会 2018年11月

IMG_3381 IMG_3382 IMG_3383

 

 

師走も近づく11/29、いいにくの日に、翼の会のメンバーは巣鴨の名店、ホルモン次郎に集結しました。
こちらはメンバーの佐々木さんが今年オープンされた、朝〆の新鮮なホルモンが、手ごろな価格で食べられるお店です。
とても清潔で、過ごしやすい店内です。
佐々木オーナーよりホルモンに詳しい大達さんのホルモン講義を拝聴しながら、
知識の吸収にも余念がないメンバーでした。
おすすめはシロコロ、上コロ、ビビンパ(とても大きい)です。

毎回仕事の都合で来れたり来られなかったりと、ありますが、
今年も皆様のご支援のおかげで、年内最後の活動を終えることができました。

来年から田中さんが事務局役を引き受けてくださるとのお話もあり、
さらに充実した活動を展開してゆけるよう精進してまいります。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 


豊島稲門会 旅行会反省会

20181112-P1240014 20181112-P1240017 20181112-P1240019 20181112-P1240022 20181112-P1240023 20181112-P1240029
11月12日(月)18時から、駒込の鰻屋「都鳥」にて、「雑司ケ谷が生んだ日本のミケランジェロ、石川雲蝶の作品と新潟地酒の旅」をテーマに9月17日(月)から1泊2日で実施した旅行会の反省会を開いた。浅原名誉会長の乾杯のご発声、上原旅行委員長より会計報告が行われた。
料理は、前菜盛り合わせ(唐揚げ、焼き鳥、海老フライ、玉子焼き、牛蒡、里芋、南瓜、筍の煮付け等)に、鰻白焼き、鰻重(肝吸い付)という満腹セットで、味よし、価格良しの良心的なお店であった。
次年度は、上原旅行委員長より10月11日(金)から1泊2日で、「ラグビーワールドカップとひつまぶしの旅」が提案された。2日目には、ニュージーランド対イタリアのラグビーを愛知県の豊田スタジアムで見学する。その他、ひつまぶし等の料理を堪能する予定である。                           (小泉博明 記)

(参加者:敬称略)浅原英明、浅原洋子、池田潤子、石塚努、上原力、奥田すみえ、恩田輝代、小泉博明、諏訪智士、高島民雄、戸張佳代子、中野照子、松井教子、三野桜


« 古い記事

Top